化石の友バックナンバー



1〜20号

NO.のリンクを押すと全ての目次が表示されます。


No. 発行 主な内容 在庫の有無 販売価格
1969年11月 ・創刊号発行にあたって
・北濃・飛騨西部・九頭竜川上流の化石
×
1970年5月 ・新らしきものと古きもの
・名港付近で採集のハクジラの脊椎骨について
×
1970年11月 ・まぼろしの象と少年の炯眼(けいがん)
・小和清水の化石
×
1971年6月 三葉虫特集
 ・こんなうれしいことは生まれて始めて−三葉虫を発見して−
 ・赤坂産 三葉虫について
\1000
1971年12月 ・名古屋港産出のカニ化石
・フウの葉と果実の化石
× -
1972年6月 ・化石と共に20年
・忠類村産ナウマン象について
× -
1972年12月 ・北海道の白亜紀層から産出する化石(その1)
・三葉虫の雌雄について
× -
1973年6月 ・栃木県塩原産化石について
・日間賀島産のアツリアについて
× -
1973年12月 ・金生山で頭つき三葉虫発見
・高倉山の三葉虫「エンドプス」
× -
10 1974年6月 ・百年も前に化石を研究した先覚者名古屋の伊藤圭介翁
・愛知県渥美半島第四系 田原累層からの魚類化石
\1000
11 1974年12月 ・岐阜県御手洗産のサメの歯(ジュラ紀)について
・鳳来寺周辺の化石
\1000
12 1975年6月 ・上穴馬層群(デボン紀)での三葉虫の発見
・一重ヶ根の三葉虫
\1000
13 1975年12月 ・高知県高岡郡下におけるシルル系横倉山層の研究(1)
・愛知県赤羽根町高松の化石
\1000
14 1976年6月 ・高知県高岡郡下におけるシルル系横倉山層の研究(2)
・“シカマイヤ”の正体
× -
15 1976年11月 ・岐阜県岩村盆地産の軟骨魚類化石
・東帷子産のトンボ化石について
\1000
16 1977年12月 ・大型爬虫類頭部化石の発見について
・北上山地東縁白亜系宮古層群について−その調査報告−
\1000
17 1978年5月 ・太古ネブラスカをはい回っていた生物
・岐阜・福井両県下における手取層群について
\1000
18 1978年11月 ・一志層群のアシカ科の動物化石について
・岐阜・福井両県下における手取層群についてU
\1000
19 1979年5月 ・日本から産した有節類(トクサ類)とその進化について
・福地一の谷産デボン紀菊石類化石について
\1000
20 1980年2月 ・中国との交流
・化石標本撮影の手引き
\1000

上記出版物の購入方法はこちら

<< 化石の友TOP                  21〜40号 >>




ホームへ戻る